清潔に保つ

車の査定ポイントには、たくさんの要因があります。 もちろん、事故車であるかどうかといった点や、人気の低い車かどうかといった点も、マイナスの査定に影響してきます。

実際によくイメージされるのが、車内の汚れが、マイナス査定につながるのでは?といった勘違い。

実は、汚れよりも、臭いのほうが、査定の際にマイナスの影響を及ぼすのです。

中古車として売り出されることになる車は、次のオーナーの手元に渡るわけですが、次のオーナーにとっても、臭いがきつい中古車というものは、敬遠しがちです。 そんな理由から、臭いが強い車というものは、査定の際に、マイナスの査定を受けるケースがたくさんあります。

近ごろでは、犬や猫など、飼っているペットを車に乗せてドライブを楽しむ人が増えています。 そういったケースでは、ペットが引っ掻いたりした内装のキズも、かなりチェックされます。 また、ペットの臭いはもちろんのこと、シミや汚れ、ペットの毛といったポイントも、査定の際にはマイナスに作用しますので、ペットを乗せている人は、車内をとにかく清潔に保つようにしましょう。

自分の愛車というものには愛着があるはずです。 そんな観点から、車内を清潔に保つというケアは、必然的に必要となってきます。

また、車を売りに出す際には、そういったケアがなされている車かどうかが査定のポイントになりますので、やがて売却することになるかも知れない愛車のケアは怠らないようにしてください。